エンタメ業界に関わる一族!?-その壱

ポカポカ陽気の日を待ち焦がれるANEです、こんにちは。
11月22日に急遽、江戸に行ってきました。私は別の用事で行くことになりましたが、主人の参加イベントの打ち上げだけちょっぴり参加させて頂きました。


*11月28日にはその主役の青野美沙稀さんが静岡に来ていましたね。その模様はこちら🔗K-MIX

今回は、昔話を交えながらエンタメに関連したサイトらしいお話をしたいと思います。

祖師ヶ谷大蔵とマグマ大使

その「別用」で久しぶりに会った従姉弟の実家は世田谷にあります。最寄り駅は小田急線の祖師ヶ谷大蔵で、祖師谷商店街の反対側の砧にはウルトラマンで有名な「円谷プロ」があります。

私達三人姉弟は幼少時に、祖師ヶ谷大蔵の叔父のお宅に何度か遊びに行きました。
叔父のお宅に遊びに行ったある日、住まいの近くの団地で実写アニメの特撮を行っている現場に遭遇しました。
特撮と言っても40年以上前のことですから、今思えばチープというかレアというか・・今みたいに写真に収めることが容易ではない時代のため画像もなくお伝えしづらいですが、おもちゃのヒーローが釣り糸で空を飛び、ダンボールや発泡スチロール素材の建物をキグルミが踏み潰すといった、それはもう子供の目も欺けない少し笑える光景でした。
しかし博之ちゃんにとっては当時大好きだった「マグマ大使」の撮影だったので、その場からなかなか離れようとしませんでした。

たしかマモル少年役(彼が笛を吹くとマグマ大使が現れる)は、後にフォーリーブスのメンバーとなる江木俊夫さんが演じていて、帽子をかぶった愛くるしい少年を目撃した覚えがあります。
以下の動画はYouTubeで紹介されているピー・プロ制作の「マグマ大使」です。

*この動画のライセンスは「標準の YouTube ライセンス」です。ユーチューブ動画の埋め込みと著作権についてはほんの少し「グレー」で、著作権所有者の判断によってはそもそもが表示できなくなる可能性もあります。
しかしユーチューブがアナウンスしている「動画の紹介」にあたり、違反がない範囲と考え埋め込みました。
🔗ユーチューブヘルプ 今後、この件についても詳しく記事にする予定です。


砧に「円谷プロ」があったことから、今までその特撮は「円谷プロ」だと思っていましたが、調べてみると「ピー・プロダクション」という会社だったようです。
そこが手がけていた「ビッグX」「鉄腕アトム」「ハリスの旋風」などなど、博之ちゃんは本当に大好きでした。

祖師谷の話はまだまだ尽きないのですが、またの機会でご紹介します。

エンタメに関わる様になったルーツかも?な思い出

私達の叔父というのは父の弟で、若いうちから東京のとあるお菓子の輸入会社で仕事をしていました。
因みに叔父の努めてた会社の、私が知っている有名な輸入商品は「チュッパチャプス」です。
その叔父の務めていた会社がスポンサーとなって行われた歌謡コンサートにお呼ばれした事がありました。
場所の記憶が定かではないのですが原宿駅近くだったので「岸記念体育館」か、「代々木体育館」だったかもしれません。
いずれにしても、1964年の東京オリンピックのレガシーというわけです。

そしてその時の司会が「玉置宏」演奏は「ダン池田とニューブリード」という鉄板の組み合わせ、ゲストに「山口百恵、桜田淳子、アグネス・チャン、高田みづえ、沢田研二、西城秀樹、野口五郎etc」(若干記憶が曖昧)といった豪華な顔ぶれで、一番上の姉は楽屋で玉置さんとお話したというような、なかなかできない貴重な体験をさせてもらいました。
(当時の写真が一応はあるのですが、肖像権的にクリアできましたらUPできるかも)

従姉弟のTOMのお仕事

昭和の思い出話は先に置いておいて、現在に戻しますね。
その叔父の次男である私達の🔗従姉弟のTOMくんにも今回東京で久しぶりに会うことができました。
彼は数年来、六本木の🔗ビーイングという会社に勤めています。

私が東京でお世話になっていた頃はまだ小学生でしたが、今はもう貫禄いっぱいのパパぶりを見せていて頼もしい限りでした。
TOMが若い頃、遊びに来たアニマルハウスでインスパイアされた事や、ビーイングとUNISEXにも関連のある「B’z」の事、ツルウタへの思いなども話すことができ有意義な時間を持つことができました。

前述した「別用」とは、TOMの母である叔母の訃報から会うこととなり、本来ならとても寂しい再会でした。
でもこのことで親族の絆を再確認することができ、これも叔母様が導いてくれたことと感謝しつつ、また思い出が沢山ある祖師ヶ谷大蔵にも出向きたいと思います。

フォローとシェアよろしくお願いします。

著作物の取扱いについて

当サイトでは、慎重かつ誠実に著作物を取扱うことに努めています。
コンテンツ内で紹介する、とりわけ「画像・映像・音源」については、知的財産の所有者を直接知り得ない場合、正確な確認が取れていないような「グレー」段階では積極的に使用しないことにしております。
(期間が限られている有益な情報をわかりやすく伝えるような場合はこの限りではありません)


その上で、以下の場合はお手数ですが「お問合せページ」よりご連絡下さい。m(_ _)m
*著作物の取扱が不適切な場合(パブリックドメインと勘違いしているなど)
*所有者様を直接知り得ている場合でも、その中に他者様の権利が含まれていて不利益を生じさせている場合
 (顔が写り込んでいるなど)
*逆に関連性がある所有コンテンツを紹介して欲しい等のご要望(リンクが必要な場合はURLもご連絡下さい)
*その他、著作権に関してのご意見・ご要望

また、他サイトや現場等で以下の内容を見かけた場合もご連絡いただけますと大変助かります。m(_ _)m
*当サイトの管理する著作物を許可なく、あるいは許可されていても適切でない状態で使用していると思われる場合
*オリジナル著作物の二次配布を行っている場合
*ネガティブな表現を用いて使用している場合
*その他不適切な使用をしている場合(反社会的サイトでの使用など)
◆いかなる場合もご連絡いただいた方の個人情報は法規に沿って適切に守ります。

コメントを残す